UA

UA

歌手。 UAとはスワヒリ語で「花」という意味を持つ言葉。
1972年3月11日生まれ。大阪府出身。
母方の故郷は奄美大島。

1995年6月、ビクタースピードスターレーベルよりシングル「HORIZON」でデビュー。
デビュー当時から、その個性的なルックスと存在感のある歌声で注目を集める。

1996年6月、シングル「情熱」が大ヒットし、認知度も一躍全国区に。
10月ファーストアルバム「11」をリリース。各方面で絶賛を浴び、セールスは90万枚を突破。人気絶頂の中結婚し、第一子を出産。声により一層深みが出る。

1997年、セカンドアルバム「アメトラ」、1999年サードアルバム「turbo」をリリース。
ライブツアーも精力的に行い、そのパフォーマンスの力強さとクオリティの高さで好評を博す。

1998年、FM J-WAVE「カピバラレストラン」の番組ナレーションを始める。独特のテンポと多彩な内容で人気番組となり4年近く務める。

1999年、FUJI ROCK FESTIVAL'99のグリーンステージに、初の日本人女性アーティストとして出演。

2000年、BLANKY JET CITYを解散した浅井健一とAJICOを結成。2枚のシングルをリリース。ROCKファン、音楽ファンの話題となる。
2001年、AJICO名義のアルバム「深緑」をリリース。全国ツアーも行い、その様子を収めたLIVE CD&DVD「AJICO SHOW」発売。

2002年、自ら初めて作曲を手掛けた「閃光」をリリース。3年振りのアルバム「泥棒」をリリースし、そのジャケットのビジュアル面でもインパクトを与える。
10月、初主演映画「水の女」(テサロニキ国際映画祭グランプリ受賞作品)公開。
11月からの全国ツアー「空の小屋」では、通常の音楽コンサートとは一線を画したアートとも言える精巧にデザインされたステージで、デリケート且つパワフルなパフォーマンスを披露し、オーディエンスを魅了した。

2003年、第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品「沙羅双樹」(監督:河瀬直美)の音楽を担当。
4月よりスタートした、NHK教育テレビ番組「ドレミノテレビ」(2004年グッドデザイン大賞受賞)に、歌のおねえさん《ううあ》としてレギュラー出演。
童謡や珠玉の名曲をオリジナルのアレンジで幅広く歌い、子供やその親にも認知が拡大。
幼稚園の音楽教育プログラムやレクリエーションでも使用される。
9月に初のベストアルバム「Illminate~the very best songs~」、ミュージッククリップ集DVD「Illminate~the very best clips~」をリリース、共にロングセールスを記録。
2004年3月、アルバム「SUN」、ドレミノテレビで紡いだ数々の童謡・愛唱歌20曲を集めた《ううあ》名義アルバム「うたううあ」をリリース。
5月からの全国ライブツアー「UA TOUR 2004」では、モニターに依存しないスリリングでフリーキーなライブパフォーマンスが好評を博し、ライブアルバム「la」として音源化。
このマスタリングには、「泥棒」からのマスタリングエンジニアTed Jensen (Norah Jonesの「Come Away With Me」でマスタリングエンジニアとしてグラミー賞を受賞している)も参加している。

2005年6月、デビュー10周年を迎える。3月にアルバム「Breathe」をリリース。
同年公開の映画「空中庭園」(監督:豊田利晃、原作:角田光代、主演:小泉今日子)に主題歌「この坂道の途中で」を提供。10月、他のアーティストとコラボレートして生まれた楽曲を集めたアナザーベストアルバム「Nephews」をリリース。

2006年7月、気鋭のジャズサックス奏者、菊地成孔とスタンダードジャズアルバム「cure jazz」をリリース。ジャンルに囚われない彼女の活動がさらに広がり、FUJI ROCK FETIVAL'06出演後の東名阪ツアーも話題となる。

2007年5月、3年振りにUAとしてのオリジナルシングル「黄金の緑/LOVE scene」をリリース。先立って、「黄金の緑」の歌詞にも出てくるツバルをエフエムの企画番組で訪問。美しい島々と相反する環境問題を目の当たりにし、その後の環境問題を提議するきっかけのひとつとなる。同時期公開の映画「赤い文化住宅の初子」(監督:タナダユキ)に、主題歌「Moor」を提供。6月には、松本人志初監督作品「大日本人」に小堀マネージャー役で出演している。7月アルバム「Golden green」をリリース後、全国ライブツアー「GOLDEN GREEN '07」を敢行。

2008年、10,11月度NHK「みんなのうた」で放映された、栗コーダーカルテットとのコラボレート作品「PoPo Louise」(ジェネオンより)リリース。 この年、第二子を出産。

2009年7月、2年振りにアルバム「ATTA」をリリース。同月、FUJI ROCK FESTIVAL'09のグリーンステージに出演後、ライブツアーも行う。

2010年4月、キャリア初の公開レコーディングライブアルバム「ハルトライブ」をリリース。6月には、デビュー15周年企画アルバム「KABA」を発表。選曲の妙とジャケットで話題になる。
また、NHK教育テレビ番組、ニャンちゅうワールド放送局「ネイバーズ」でナレーションを務める。 2011年、第三子出産。

2012年、映画「その夜の侍」(主演:堺雅人)の主題歌として「星影の小径」を歌う。 2013年、香港のアーティストGay Birdとコラボレーションし、香港で3日間、デジタルメディアを駆使したライブパフォーマンスを行う。

また、2005年より都会を離れ、田舎で農的暮らしを実践しつつ、環境問題や平和を願う活動にも力を注いでいる。